浜松市楽器博物館のイブニングサロンコンサート 終了!

楽器博物館 夏の夜の幻影~ジャワ王宮舞踊と古典詩への招待~

終わりました!見に来て下さった方々、有難うございました。
去年にワヤンの公演でお邪魔してから約一年ぶりの浜松市楽器博物館。
去年は知らなかったのですが、ものすごい頻度で世界各国の楽器演奏がこれでもかこれでもかと繰り広げられています。試しに楽器博物館のHPを見てみて下さい。びっくりするはず。
これに加えて、さらにチラシには載っていない、お昼のデモンストレーションなどもあるのです。

私たちがお邪魔した8月17日も、お昼にガムラン&ジャワ舞踊と、縄文時代の笛の豪華二本立てでデモンストレーションがありました。うっかりダブルブッキングだったらしいのですが、でもおかげで私たちも縄文時代の笛が見れたし、お客さんも二種類見れて、ラッキー056.gif

e0241374_18344769.jpg

e0241374_1914484.jpg

e0241374_1835346.jpg

e0241374_1836560.jpg


ところで、夜公演の踊りではハプニングが。
踊りが始まって立ち上がり、走り出そうとしたところで、腰につけているサンプールという布が大きい耳飾にひっかかり、イヤリングもろともどっかに飛んでいってしまったのです。
丁度、始まる前に、共演者の佐々木宏実さんと話していて、「ジャワ舞踊って、すごい失敗とかあるん?」
「うーん、そうやなあ、CDかけててCDが途中で止まったとか、途中部分がとんだとか、聞いたことある。後、よくあるのは踊ってる間に衣装の色んなパーツがどんどんとれたりずれていっちゃったり、それで焦って頭の中が真っ白になって、ふりつけがふきとんだりとか・・・」
などと話していたのですが、まさかその通りになるとは。

で、片耳に飾りがついて、片耳に飾りがついていない、アシンメトリーな状態で踊り始め、頭の中で(どうしよう~ これは一旦踊るのをやめて仕切りなおしをした方がよいのか、落ちたのを拾ってつけるってのはないやろうし・・・)などと考え、結局五分の一過ぎたぐらいのところで、もう片耳の飾りも自分でとりました。
これでシンメトリー!
しかしその後も、最初に落ちた耳飾が、サンプールの先にくっついて、サンプールをはねあげる動作をする度に、顔に当たって痛い・・・
四分の一ぐらいすぎたところで、ようやく耳飾がサンプールから離れてくれて、
晴れて踊りに集中できるように。
後半部分はほっとしたせいかやけくそなのか妙な開き直りが出て、いつもより楽しく踊れました。

でも後から、見ていた姉に聞いたところ、「はじめの方に前向いたところで、アシンメトリーやけど、新しい衣装使うっていってたし、そういう衣装なのかと思った~」とのことで、本人が思っていた程には見た目には気にならなかったらしい・・・。
ジャワ舞踊が長い踊りで、本当に良かった~と思った一晩でした。
[PR]

by miotamani | 2012-08-21 19:15 | 過去の催し
line

西岡美緒によるジャワ舞踊・ガムランのブログ


by miotamani
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31